自宅でできることは?

自宅でトレーニングするときの問題点というのは、「時間がない」と

いうことです。

特に社会人はそうですね。

 

家でやりたい!

このようなケースというのは、非常に多いと思われます。

たとえ閉館時間まで間があっても、ジムにまで足を運ぶほどの時間や

体力がない、というケースもあるでしょう。


そのため「自宅でできること」を開発しておくことは、非常に大事です。

 

加重か自重か

自宅でできる上に、道具なしでも行える自重トレーニングとしては、

腕立て伏せなどがあります。

対して加重トレーニングは、ダンベルやサイクリングマシーンを使ってやるもの。

結論から言えば、「自重トレーニングは一定の効果は見込めるものの、

加重トレーニングにはかなわない」ということになります。


筋肉トレーニングは「10回程度反復できる運動を繰り返す」ことが理想ですが、

腹筋などは100回近くできてしまいますよね?


これはつまり、「重圧が足りない」ということに他なりません。


もちろん何もしないよりは効果はありますが、効率よくやりたいなら、

加重式がオススメです。


ただし「自宅でできる」ということを考えると、

ダンベルの重さなどは10~20キロが限度でしょう。


一つ一つの器具の「能力」「質」はジムに行くよりは落ちるでしょうが、

これらを複数組み合わせ行うことで、自主トレーニングは可能です。


また、地味ながらマラソンなどもいい方法です。

マラソンを行う際は意識して早いスピードで走ることも大切です。


本来マラソンは有酸素運動なので、

筋肉をつける運動としてはむきません。

しかしこれには大きな意味があります。


筋肉をつけるためには、食べ物を多く摂取しなければなりません。

つまり、極論を言えば、「太ることと同じ」なのです。

これらを100パーセント筋肉に変換することは至難の業で、

どうしても「脂肪」として残ってしまうことがあります。


この「脂肪」を燃焼させ、おとしてくれる運動こそがマラソンなのです。


「自宅で行う」ということで、専門的な知識も設備もなしに

できるマラソンだからこそ、副次的なアシストを担ってくれるのです。


筋肉をつけるにはウエイトトレーニング。

そして残ってしまう脂肪を落とすにはマラソン。

この二つを組み合わせることで、

よりシャープで切れのある体を作れます。


自分でトレーニングを行うときに一番怖いのは、

「正しくない方法で行い、結果として怪我を負ったり、

筋肉に悪影響を及ぼす」ことです。

そのため、事前学習はしっかりと。


一番理想的なのは、一度はプロにみてもらうことです。


効果的な筋トレメニューをマスターしたいなら…

photo
 1週間にたった1回、18分!

 たぷたぷにたるんだビール腹が
 1ヶ月足らずで激変し、
 たくましい理想のモテBODYをゲット!

 >> 公式サイトをチェック

効率のよい方法を考える 関連ページ

このページの先頭へ