「超回復」とは何か

「超回復」、という言葉を聞いたことはあるでしょうか。

「筋肥大」に比べるとあまり聞きなじみのないこの言葉は、

ゲームやアニメ、マンガの中に出てくるだけの言葉ではありません。

また、一部の薬品や病気の症状の改善などを指すものでもありません。


超回復は、筋肥大と一緒に語られることが多い、筋肉をつける上で

重要なメカニズムなのです。

 

なぜ起こる?

超回復は、前述した筋肥大と切っても切り離せない関係にあります。


筋肉を使うと疲労物質である乳酸が出て、筋肉が疲弊します。

(現在は、乳酸=疲労物質であるという考えを否定する学説もありますが...)

これにより、筋力は一時低下します。


しかしこの低下状態は、1日半~3日ほどで治ります。

そしてそのあと、更に同じようにトレーニングをすると、

初回のトレーニング前よりも大きな筋肉を得ることができるわけです。

これによって「筋肥大」が達成されます。


超回復というのは、この「工程」を指します。

つまり、筋肥大を促すためのプロセスだというわけです。

 

「その後」どうする

そしてこの超回復期間に更に筋肉に負荷をかけることによって、

筋肉アップを効率よく勧めることができます。


しかしながら、疲労状態のままトレーニングを繰り返すことは、

向上を妨げ、更には怪我の原因にもなりかねません。

詳しくは後述しますが、筋肉トレーニングというのは「毎日やる」

ものでは(原則として)ないのです。


効果的な筋トレメニューをマスターしたいなら…

photo
 1週間にたった1回、18分!

 たぷたぷにたるんだビール腹が
 1ヶ月足らずで激変し、
 たくましい理想のモテBODYをゲット!

 >> 公式サイトをチェック

筋肉の基礎知識 関連ページ

このページの先頭へ