栄養素の考慮

「摂取したカロリーを筋肉に変える」ことは筋肉トレーニングの基本です。

しかし、だからといって脂肪分が大量に含まれたものだけを食べていれば、

それでいい、というわけではありません。


筋肉をつけたいと思うなら、栄養素にもしっかり気を配る必要があるのです。

 

必要となる栄養素

筋肉を育てるために必要なものは、まずはたんぱく質。

別の項目でも詳しくふれますが、「筋肉増強」といえば

まずこの単語がでてくるくらい、たんぱく質と筋肉増強は密接な関係があります。


ほかにもマグネシウムや亜鉛といったものも大切になります。


筋肉をつける、というと、「肉を食べる」というイメージが強いのですが、

実はビタミンもとても大切です。

ビタミンはたんぱく質をアミノ酸にかえ、吸収する力があるからです。

 

「バランスよく」という意味

結局のところ、筋肉トレーニングにしろダイエットにしろ生活習慣病予防にしろ、

大事なのは、「睡眠・運動・食事」の三つです。

つまり、「健康的な生活」を営むこととまったく同じだということです。


ただ違うのは、筋肉トレーニングの場合、栄養素を意識し、

それにプラスして、「どのような栄養素を多めにとった方がいいのか」を

考えなければならない、という点にあります。


上にあげたものはすべて重要な栄養素ですが、「これだけをとっていればいい」

のではなく、「バランスのよい食生活をした上で、上記のものを多めにとる」

必要があるのです。


効果的な筋トレメニューをマスターしたいなら…

photo
 1週間にたった1回、18分!

 たぷたぷにたるんだビール腹が
 1ヶ月足らずで激変し、
 たくましい理想のモテBODYをゲット!

 >> 公式サイトをチェック

食卓の基本 関連ページ

このページの先頭へ