脂肪と炭水化物、2つの傾向

炭水化物ダイエットがはやりましたね。

また、「炭水化物は肥満の原因」と言われることもありますから、

「たんぱく質などだけで食生活を営み、

筋肉を効率よくつけたい」と思うひともいるでしょう。

 

栄養素と変換

脂質にしろたんぱく質にしろ、多くとりすぎればそれは

体脂肪となり蓄積されてしまいます。

裏をかえせば、炭水化物だけが「悪者」なのではなく、

脂質やたんぱく質も体脂肪の原因になりうるのです。


加えて言うなら、ウエイトトレーニングをメインに行っている場合、

体脂肪よりも筋グリコーゲンとして変換することが優先されるため、

ここがいっぱいのときにしか体脂肪に変換されないと言われています。

 

「何かを抜く」ということ

炭水化物に限らず、「何かを抜く」ということは、

それだけでリスクをはらみます。

「必要な栄養素」として取り入れられるべきものをシャットアウトするのですから

これは当然といえば当然のことです。


具体的に言うと、集中力の欠如や末端の冷えなどが起こることが多く、

実際に実施したひとの手記をたどれば、「ダイエットには効果があったが、

苦労とつらさの方が先にたった」という意見がでてきます。


もちろんこれは個人差のある感想です。

しかし「健康に」筋肉をつけたいと思うのであれば、

炭水化物にしろ脂肪にしろ、極端に疎んじたりすることは

むしろマイナス部分が多い、と見るべきでしょう。


効果的な筋トレメニューをマスターしたいなら…

photo
 1週間にたった1回、18分!

 たぷたぷにたるんだビール腹が
 1ヶ月足らずで激変し、
 たくましい理想のモテBODYをゲット!

 >> 公式サイトをチェック

食卓の基本 関連ページ

このページの先頭へ