ダイエットとの違い

ダイエットも筋肉トレーニングも、「脂肪を落とす」という意味では

同じもののように思えます。


しかしこの二つには純然たる違いがあります。

今回はその「違い」をみていきます。

 

カロリーコントロール

ダイエットとの違いで一番大きいのは、やはりカロリーに対する考え方でしょう。


ダイエットの場合、摂取カロリーを抑えることによって減量を成功させます。

つまり、「普通に日常生活を送っているときに消費しているカロリー量」よりも

少ない摂取カロリーにすることにより体重を落としていくわけですね。

しかし筋肉をつける場合は、摂取カロリーはむしろ多くなります。

そうでなければ体がついていかなくなるからです。

平均の倍ほどのカロリーを摂取し、それを筋肉に変えていく、

という方法が使われるのです。


これは「減量中」のボクサーなどであっても基本的な考え方は同じです。

 

運動について

ダイエットの場合、有酸素運動が望ましいとされています。

もちろん、「筋肉をつける」ことを最終目的として

ダイエットをするひともいますが(筋肉量がアップすればよりはかどるため)

基本的には筋肉増大を目的とするときよりも穏やかな運動をするのが一般的です。


そのため、ウエイトトレーニングや加圧式のようなハードなものは

あまり選ばれません。

スロートレーニングを繰り返し、徐々に体をならしてから

ハードな運動に移行していく、という形が普通です。


効果的な筋トレメニューをマスターしたいなら…

photo
 1週間にたった1回、18分!

 たぷたぷにたるんだビール腹が
 1ヶ月足らずで激変し、
 たくましい理想のモテBODYをゲット!

 >> 公式サイトをチェック

食卓の基本 関連ページ

このページの先頭へ