プロの実体験

プロ、という言葉の定義は、格闘家やスポーツ選手に限らず、

なかなか難しいです。


本人がそう思っていればそうなのか。

お金をもらっていればそうなのか。

それともそれで生計を立てる段階になってはじめてそう呼ばれるのか。

道場で「教える代わりに使用料金をただにしてもらっている」というケースは?


いろいろ疑問はありますが、ここでは3番目の「生計を立てている」をプロと

呼ぶことにしましょう。

 

食生活

ここでいう4番、先生をする代わりに

道場使用料金をタダにしてもらっていた人が、

3番目の「プロ」の食生活で驚いたことがある、と話してくれました。


それは、「あいつ、とりささみ肉を生で食ってた」というもの!


これは相当衝撃的な光景だったようで、

思わず「何してるの?!」と聞いてしまったそうです。

いわく、「普通の食事じゃ間に合わない。サプリメントでも補いきれない。

結局これが一番いいと思った」と話されたそう。


「ビールはよく飲んでいたけれど、

お菓子を食べているところはあまり見なかった」

とも話してくれました。


「あれくらいになると、

『高たんぱく質ローカロリー』を徹底しないとだめなんだと思った」

というのが結論です。

 

運動について

運動はやはり相当ハードだったようです。

話をしてくれた彼も、「先生」をやっていたのですから、

その練習量は相当のもの。


ただ、プロは彼の量の2倍3倍をこなすそうです。


しかしながら、体重制限のある種目だったため、過度な節制がダメージを

与えていたことも事実で、

「よく、『震えと思考能力の低下がとまらない』と相談された」とのことです。


効果的な筋トレメニューをマスターしたいなら…

photo
 1週間にたった1回、18分!

 たぷたぷにたるんだビール腹が
 1ヶ月足らずで激変し、
 たくましい理想のモテBODYをゲット!

 >> 公式サイトをチェック

食卓の基本 関連ページ

このページの先頭へ