スロートレーニング

トレーニングというと、速いスピードでがしゃがしゃ動かしたり

走ったりするイメージがありますね。

もちろんこれも間違いではなく、このようなトレーニング方法も確かにあります。


しかしそれとはまったく対極の位置にあるように見える、

スロートレーニングという方法はご存知でしょうか。

 

どんな方法なの?

スロートレーニングは「スロトレ」とも呼ばれます。

速い速度で動かすのではなく、

ゆっくりした運動を反復して継続する、というものです。


たとえばですが、ハンドルを握り、腰を折ってひきさげ、またあげる。

このような運動を、ひきさげるときに7秒かけ、あげるときに2秒で

行う、といった感じです。


スロートレーニングの特徴は、「意識する筋肉」「鍛えたい筋肉」に絞って

トレーニングができる、ということです。


よくも悪くも、「早く」を目的にした場合、ひとは全身の筋肉の反動、

あるいは「使いやすい部位」の筋肉を使ってしまいます。

しかしスロートレーニングは、「使いたい部分」に焦点をあわせています。

 

利用するもの

先ほどからちょくちょく出ている油圧式トレーニングなどがこれに当たります。

他にも空気の力を利用するものもあります。


短時間ですみ、脂肪燃焼に効果がある反面、

筋肥大の効果はウエイトトレーニングなどに比べて劣る、

というデメリットがあります。

また、瞬発力もつきません。


どちらかというと、体力のない女性や高齢者向きのトレーニング方法です。

もちろん工夫次第で十分筋肥大は見込めますが、トレーニング自体としての

性格はこのようなものになります。


効果的な筋トレメニューをマスターしたいなら…

photo
 1週間にたった1回、18分!

 たぷたぷにたるんだビール腹が
 1ヶ月足らずで激変し、
 たくましい理想のモテBODYをゲット!

 >> 公式サイトをチェック

トレーニングの種類 関連ページ

このページの先頭へ