加圧トレーニング

ここからは具体的なトレーニング方法をみていきましょう。


まずは「加圧トレーニング(加圧式トレーニング)」です。

一部のメディアで取り上げられたこともあるので、

知っているひともいるかも知れませんね。

 

特徴と危険性

このトレーニング方法は、足などの付け根をベルトで締め付け、

血流の量を意図してコントロールするものです。


これによって血流をとどめておくことができます。

この状態で運動をすると、筋肥大に欠かせない乳酸の分泌量が増えます。

ベルトをはずすと乳酸が循環し、成長ホルモンを効率よく分泌させられる、

という考え方です。


加圧トレーニングはここ20年ほどで出てきたトレーニング方法であり、

一定の効果が見込めます。

反面技術がいるものであるため、専用のベルトやトレーナー(民間資格)が

必要です。絶対独断と「手近にあるベルト」で行ってはいけません!

 

油圧式との違い

さて、似ている言葉で「油圧式トレーニング」というものがあります。

これはどう違うのでしょうか?


油圧式トレーニングはゆっくり徐々にマシンが下がってくるため、

安全性が高いです。

また動かすスピードによって負荷が変わるため、運動強度の調節が容易です。


反面加圧トレーニングに比べると負荷が小さく、筋肉トレーニングとしてよりは

「体力の低下」を防止するためのマシンである、という性格を持っています。


名前は似ていても、内容はまったく違うのです。


効果的な筋トレメニューをマスターしたいなら…

photo
 1週間にたった1回、18分!

 たぷたぷにたるんだビール腹が
 1ヶ月足らずで激変し、
 たくましい理想のモテBODYをゲット!

 >> 公式サイトをチェック

トレーニングの種類 関連ページ

このページの先頭へ